『日本の神様カード』 購入・仕入

『日本の神様カード』および関連商品のご購入(Amazon)はこちらから。また商品の仕入をご希望の事業者さまは、「ヴィジョナリー・オンライン」より店舗登録の上、ご注文ください。

ヴィジョナリー・オンライン「新規取引店登録」から初回ご登録資料をお求めいただけます。

『日本の神様』御朱印帳(伊耶那岐命)

『日本の神様』御朱印帳(伊耶那岐命)

伊耶那岐命(いざなきのみこと)は神話に登場する国生みをした男神。

伊耶那美命(いざなみのみこと)とともに、天の浮橋に立ち、天のぬほこで海水をかきまわして島を作り、婚姻し国土を多くの神々をお生みになられました。天照大御神(あまてらすおおみかみ)・月読命(つくよみのみこと)・須佐之男命(すさのおのみこと)の父。

サイズ:H160×W114×D18mm ページ数:片面24p 価格:1,800円(税抜)

  • ご購入はこちら
  • 仕入れはこちら

『日本の神様』御朱印帳(伊耶那美命)

『日本の神様』御朱印帳(伊耶那美命)

伊耶那美命(いざなみのみこと)は神話に登場する国生みをした女神です。天地開闢(かいびゃく)において、神世七代の最後に伊耶那岐命(いざなきのみこと)と共にお生まれになりました。伊耶那岐命の妹であり妻。別名・黄泉津大神、道教大神。

サイズ:H160×W114×D18mm ページ数:片面24p 価格:1,800円(税抜)

  • ご購入はこちら
  • 仕入れはこちら

『日本の神様』御朱印帳(宇迦之御魂神)

『日本の神様』御朱印帳(宇迦之御魂神)

宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)、別称は稲荷神。名前に「稲」とつくように、もともとは五穀と養蚕を司る穀物神、農耕神で、稲の生産、豊穣を守護する神として崇められてきました。ちなみに お稲荷さんといえば狐をイメージし、稲荷神だと誤解される事も多いが、稲荷神というのは宇迦之御魂神のことで、狐はその使いの霊獣です。

サイズ:H160×W114×D18mm ページ数:片面24p 価格:1,800円(税抜)

  • ご購入はこちら
  • 仕入れはこちら

『日本の神様』御朱印帳(神直毘神/大直毘神)

『日本の神様』御朱印帳(神直毘神/大直毘神)

神直毘神/大直毘神(かむなおびのかみ/おおなおびのかみ)は罪や穢れをはらう神様で、伊耶那岐命(いざなきのみこと)が黄泉の国から戻り、禊祓いをした時に生まれたといわれています。平安期になり、宴会や遊芸の神ともされるようになりました。

サイズ:H160×W114×D18mm ページ数:片面24p 価格:1,800円(税抜)

  • ご購入はこちら
  • 仕入れはこちら

『日本の神様』御朱印帳(菊理媛神)

『日本の神様』御朱印帳(菊理媛神)

菊理媛神(くくりひめのかみ)は、冥界の住人となった伊耶那美命(いざなみのみこと)の言葉を伊耶那岐命(いざなきのみこと)に取り次ぎ、2人の神を取り持ったことから、縁結びの神として知られています。

サイズ:H160×W114×D18mm ページ数:片面24p 価格:1,800円(税抜)

  • ご購入はこちら
  • 仕入れはこちら

『日本の神様』御朱印帳(事代主神)

『日本の神様』御朱印帳(事代主神)

事代主神(ことしろぬしのかみ)は出雲国譲りの際に、大国主神に変わって国譲りの言葉を述べた為、「託宣の神」すなわちお告げの神とされています。また一説には出雲国譲りの際に釣りをしていた神として、恵比寿様と同神とも考えられています。

サイズ:H160×W114×D18mm ページ数:片面24p 価格:1,800円(税抜)

  • ご購入はこちら
  • 仕入れはこちら

『日本の神様』御朱印帳(木之花佐久夜毘売)

『日本の神様』御朱印帳(木之花佐久夜毘売)

木之花佐久夜毘売(このはなさくやひめ)は天孫・邇邇芸命(ニニギノミコト)が一目惚れして結婚した絶世の美女。

木之花佐久夜毘売は燃え盛る炎の中で、三柱を見事に出産したことから、安産の神様として信仰され、子安神とも呼ばれている。また日本を象徴する富士山と桜の神霊でもあり、富士山の頂上から桜の花びらを蒔き、国中に桜の木を広めたという伝説があり、桜の神ともいわれています。

サイズ:H160×W114×D18mm ページ数:片面24p 価格:1,800円(税抜)

  • ご購入はこちら
  • 仕入れはこちら

『日本の神様』御朱印帳(猿田毘古神)

『日本の神様』御朱印帳(猿田毘古神)

猿田毘古神(さるたびこのかみ)は神話では、大国主命(オオクニヌシノミコト)が国造りをされていましたが、もめごとが絶えない国だったため、瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)が国を治めようと、高天原からお降りになられた時に、道先案内をされた神様です。背は高く、鼻は長く、顔は赤く、目は鏡のようにきらめき、光輝く姿で現れました。八百万の神々の中でも独特な味を持った神様で、現在は旅行安全、交通安全の神様として信仰されています。

サイズ:H160×W114×D18mm ページ数:片面24p 価格:1,800円(税抜)

  • ご購入はこちら
  • 仕入れはこちら

『日本の神様』御朱印帳(塩椎神)

『日本の神様』御朱印帳(塩椎神)

塩椎神(しおつちのかみ)は海の神様でありながら、雷と刀が神格化した最強の武神二柱を導き、諸国を平定していきました。最後に辿り着いた宮城県鹽竈神社(しおがまじんじゃ)にそのままとどまり、人間に漁業や塩の製造方法を伝えたといわれます。

サイズ:H160×W114×D18mm ページ数:片面24p 価格:1,800円(税抜)

  • ご購入はこちら
  • 仕入れはこちら

『日本の神様』御朱印帳(玉依毘売神)

『日本の神様』御朱印帳(玉依毘売神)

玉依毘売命(たまよりひめのみこと)。「タマヨリ」とは神霊が憑依する乙女の意味です。玉依毘売命には、女性の子どもを生む能力という性的な要素が強く反映され、神婚によって神の子を宿したり、選ばれて神の妻になったりします。そういう巫女的霊能力のある女性を総称して玉依毘売命と呼びます。玉依毘売命と呼ばれる女神の中で一番有名なのは、山幸彦・海幸彦の話に登場する海神の娘の玉依毘売命で、子孫繁栄のシンボルとしての意味を強く感じることができます。

サイズ:H160×W114×D18mm ページ数:片面24p 価格:1,800円(税抜)

  • ご購入はこちら
  • 仕入れはこちら

Social Links

  • twitter
  • Facebook